about

札幌で「狸小路に常設演芸場をつくる会」として、活動しています。
2020年は7月4日(土)、9月5日(土)、11月21日(土)開催予定です♪
詳しくはホームページをご覧ください♪
https://tanukiyose.jp

狸寄席とは?
狸小路に常設演芸場をつくることを目指す札幌の寄席です。
Q そもそも寄席とは?
A 落語を中心として、漫才・奇術・太神楽等の演芸を一回の公演で色々気軽に楽しめる演芸場であり、社交場です。
Q 札幌に寄席をつくろうと思うわけは?
A 東京や大阪には、定席と言われる寄席があります。そして寄席のある街の周辺には昔ながらの賑わいがあって、風情があります。我々は、かつて7軒も寄席があったと言われている札幌の中心市街地に、気軽に生の演芸を体験できる場所をつくることで、街を味わい豊かにできるのではないかと考えています。狸小路を和服で行きかう人が増えたり、北海道の歴史や出来事を落語にする人がでてきたり、そうした街に魅力を感じて、街を愛する人が増えれば良いなと思っています。即物的に買い物を楽しむだけではない、そこにいる時間を楽しめる場所をつくることで、文化的に豊かなまちづくりに貢献できると信じて「寄席」づくりを目指しています。
Q 狸寄席と他の落語会の違いは?
A 狸寄席は、本場江戸の寄席のように、着流しでふらっと立ち寄れて飲食も楽しめることができます。また、地元で活躍する芸人( パフォーマー) も多数出演する札幌スタイルの番組で、どこにも真似できない寄席をつくっていきます。